背が一番伸びやすい時間帯っていつだと思いますか?
これは皆さんご存知の通り、睡眠のゴールデンタイムと言われる22時から2時までの間。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。
レム睡眠とは、体がしっかり休まって大脳が起きている睡眠。ノンレム睡眠とは、大脳がしっかり休まって、体が起きている睡眠のこと。

この最初に訪れるノンレム睡眠時に成長ホルモンが最も多く分泌されるんです。

入眠直後に深く眠るノンレム睡眠が訪れます。なので、遅くとも22時までにぐっすり眠る事で成長ホルモンの分泌を最大限まで高める事が出来るんです。

幼児期や小学生低学年で目標とされる睡眠時間は10時間から11時間。
小学生高学年でも9時間から10時間ほどは睡眠をとるべきだと言われています。

成長期にセノビックを取ることで成長ホルモンをたくさん分泌させる事が可能になります。
成長ホルモンがたくさん分泌される事は結果的に身長を伸ばしたり、免疫力を高めたり、悪い事は何一つありません。

でも子どもは楽しい事があったり何かに夢中になると寝る時間を忘れて遊び続けます。

そんな時にはきちんと睡眠を促してあげられる環境を整えることで、子どもの成長を最大限にサポートしてあげることが出来るんですよ。